男の人

確実に過払い金は戻ってきます|払い過ぎた利息

養育費や慰謝料の請求

シニア男性

夫婦のいずれかが不倫を行った場合には、離婚を行うことが法律でも認められています。しかも不倫を行って離婚を行うと、普通の離婚とは異なる問題が生じ易くなります。なかでも多い問題が、夫が不倫して離婚した際の子供の養育費の支払いです。子供が夫婦のあいだに存在すると、離婚後も子育てを行わなければなりません。とくに小さな子供の場合には、女性のほうが子育てを得意にしています。そうした点で親権は、女性が獲得するほうが多いのが実情です。いっぽう子育てを行う女性の場合には、収入が少なくなりがちです。そのため養育費の支払いは、離婚後の生活に欠かせません。このような養育費について、弁護士は詳しく理解していて、請求も行ってくれることが特徴です。したがって夫の不倫で離婚をした際の養育費の請求は、弁護士に依頼すると的確に行うことが可能です。

また夫の不倫で離婚を行うと、妻は慰謝料を請求することが可能です。慰謝料の請求は、一般的に本来のパートナーである夫に対して行います。しかしそのためには、客観的な不倫の事実の証明が必要です。例えば帰宅が遅いというだけでは、不倫の証明になりません。あるいは不倫によって、精神的あるいは経済的損失を受けたかについても、証明することが必要です。こうした証明をせずに裁判や調停を行っても、慰謝料の支払いを認めてもらえない可能性があります。そうした点で弁護士は、このような不倫の事実や損失を証明することを、得意とする職業です。したがって夫の不倫による離婚で慰謝料を請求するときも、弁護士に依頼すると的確な請求ができます。